af816edfcf6a8c353143c528fdcca45e
1:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:34:56.70ID:9yd6EtFt
ステラーカイギュウ
発見から27年で全て狩り尽くす


2:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:35:16.24ID:gMjjuT2f
流石我ら人類


6:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:35:59.81ID:EZ96UA18
リョコウバトやなかったんか

12:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:37:17.75ID:FUzvW0yL
>>6
ワイもオーデュボンの祈り読んだからリョコウバトだと思ったわ


19:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:38:00.76ID:TgshZB3X
子牛みたいな食感でおいしかったらしい


20:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:38:04.32ID:9yd6EtFt
ステラーカイギュウには、仲間が殺されると、それを助けようとするように集まってくる習性があった。
特に、メスが傷つけられたり殺されたりすると、オスが何頭も寄ってきて取り囲み、突き刺さった銛やからみついたロープをはずそうとした。
そのような習性も、ハンターたちに利用されることになった。

おお、もう…

209:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:53:45.43ID:b/KlvOxP
>>20
ぐう畜

410:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:08:10.46ID:ib8iMWvA
>>20
ナウシカのあれみたいやんけ

や人糞


22:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:38:20.67ID:CzR1/gN0
なんで狩られたの?

34:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:39:25.00ID:ImmvVRxq
>>22
食料やら燃料やら加工品にうってつけだったから


29:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:38:53.76ID:b+IJ/mtH
この世は弱肉強食やから残当


31:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:39:03.41ID:TgshZB3X
ハンターたちにとって好都合なことに、カイギュウたちは動作が鈍く、人間に対する警戒心ももち合わせていなかった。有効な防御の方法ももたず、ひたすら海底にうずくまるだけだった。
このような動物を銛やライフルで殺すことは容易だったが、何トンにもなる巨体を陸まで運ぶことは難しいため、ハンターたちはカイギュウをモリなどで傷つけておいて、海上に放置した。


おお・・・


35:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:39:31.24ID:qb11U+cS
ハンターたちにとって好都合なことに、カイギュウたちは動作が鈍く、人間に対する警戒心ももち合わせていなかった。有効な防御の方法ももたず、ひたすら海底にうずくまるだけだった。

ぐうかわ(号泣)


45:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:40:23.31ID:YYU8g//I
そういう動物が犠牲になったから今の動物が色々人から守る手を持ったんや
なおそれでも


59:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:42:14.26ID:iz6EhNBk
リョコウバトってなんで絶滅したんや?
食うわけでもないし害獣って訳でもなさそうやけど

73:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:43:32.14ID:tuq+bXgL
>>59
・食用
・羽毛

89:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:44:59.20ID:qb11U+cS
>>59
娯楽としての狩り

95:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:45:16.08ID:nAVoiVUu
>>59
アメカスが鬼のように狩りまくった
食わん分まで無駄に殺しまくって死体山積みにしまくった
なおアメリカでは気候の変化のせいで絶滅した事になってる模様

149:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:48:59.91ID:iz6EhNBk
>>95
やっぱ娯楽としての狩りでってのが大きいんやね

113:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:46:37.52ID:CV0w5Poa
>>59
害獣やで
群れが通るだけで何日も空覆ったらしいで
一説には50億羽位いたらしいからまさか絶滅するとは思わなかったらしい


94:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:45:13.02ID:hy/V7Fye
リョコウバトは50億が100年でゼロになったんだっけ?


109:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:46:12.58ID:cRqc1ewu
ジャイアントモアの捕獲方法wwwwwwwwwww


鳥類の習性を利用して焼けた小石を食わせて殺す


110:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:46:16.55ID:b+IJ/mtH
http://www.geocities.jp/zetumetu2005/soro-9ue-kukuina.htm

>日本軍により滅ぼされたウェーククイナ 

>ウェーククイナの生息地であるウェーク島は、太平洋戦争(第2次世界大戦)の
>時に日本軍の戦略拠点になってしまう。戦争が激化するにつれて島の駐屯
>部隊への食料供給がストップしてしまう。そのため、島に残された兵隊さんたちは
>生き残るために島にいた飛べない鳥ウェーククイナを大事な食料として食べ
>つくしてしまった。ウェーククイナは赤い布をヒラヒラするとヒョコヒョコとよってきて
>捕獲すのは簡単なことであった。戦争の被害は太平洋の小さな小さな島の
>飛べないトリまで及んでいたのだ。

128:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:47:41.94ID:m2XHvkT+
>>110
生存のために捕食するのは意味合いが違うだろ


133:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:48:11.61ID:9yd6EtFt
でも人間が絶滅させてきた動物はアホばっかだったらしいで
このカイギュウみたいに自衛手段持たなかったり

147:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:48:57.00ID:WlRTn6/n
>>133
そりゃ自分に危害加えない動物のほうが殺しやすいからやろ

160:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:49:48.46ID:qrVB2tn7
>>133
しそうなパンダとかもアホやしな


134:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:48:13.98ID:YYU8g//I
でかいもんは大体絶滅するよ
モアとかでっかいアルマジロやナマケモノとかね


162:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:49:56.46ID:tuq+bXgL
発見からの最短絶滅事例だと多分、ステラーカイギュウよりオレンジヒキガエルの方が短い

あとは昆虫だと洞窟で発見されたメクラチビゴミムシの類はもっと早いはず
棲息域が極めて限定された洞窟だったのに、その洞窟含めた地域一帯をセメント用に砕石して消えちゃった

174:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:51:01.82ID:qgkfPreC
>>162
メクラチビゴミムシってすごい名前やな

217:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:54:34.32ID:eOCsuLoY
>>174
チョウセンメクラチビゴミムシとかもおるで

チョウセンメクラチビゴミムシ属 - Wikipedia

225:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:55:13.13ID:OiJeQE3F
>>217
ムシ以外全部蔑称じゃねーか!

443:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:09:50.36ID:ga1QFcwl
>>217
調べたら本当にいて草生えた

261:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:57:48.49ID:1IkB18hh
>>174
虫の名前ってめちゃくちゃ適当なの多いで
ゴミ虫とか最たる例や


164:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:50:00.86ID:ECd7/K+/
ステラーカイギュウはしかも運べへんかったから殺して水上に放置、打ち上がったら収穫やからなぁ
5頭に1頭くらいしか打ち上がらなかったとか


180:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:51:40.77ID:XKDUBCrw
パンダとかトキとかホンマに野生で生きていけたのか疑問
この辺の奴はもう絶滅させていいだろ


192:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:52:36.71ID:hObfp9C5
ゴキブリはなんなのか
食物連鎖の構成要素とは思えない

204:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:53:33.78ID:YYU8g//I
>>192
あいつら薬に抵抗つけたりするし
卵アホみたいに産んで皆成長するから

240:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:56:33.26ID:hObfp9C5
>>204
ある意味人間並のタチの悪さやな


197:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:53:13.37ID:RBF5hvkb
ミヤコショウビン
殺された一羽が最初で最後だった模様


199:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:53:19.97ID:5DbkNYdO
ハブ退治にマングースを放すンゴwww

マングースはハブを食べずに天然記念物を食べだしたンゴ・・・


221:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:54:53.12ID:qgkfPreC
中国はたしか実験に使われるくらい生命力つよい魚を絶滅させてる


223:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:54:58.22ID:XK4lKUpi
バーバリーライオン
200px-BarbaryLionB1898bw
スポーツハンティングの対象として乱獲され
1922年に最後の一頭が射殺され絶滅

モロッコ国王「そいつならうちの庭で数十頭飼ってるンゴ」
白人「ファッ!?!?!?」
数年前大量に再発見された

243:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:56:43.70ID:o9Vo2SpL
>>223
クソワロタ

244:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:56:45.67ID:uj5b4r8y
>>223
モロッコ国王 有能

260:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:57:48.08ID:U6Sm6cbX
>>223
最後の1頭も射殺って本当に頭悪いんじゃないか


278:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:59:44.45ID:ppx/keic
アルジェリアとチュニジアからは1891年に姿を消し、モロッコでは最後の野生個体が1922年に射殺され絶滅したというのが通説となっていた。
しかし、1996年に再発見され、2007年現在1頭生息しているのが確認されている[1]。しかし、これが純血種のバーバリライオンであるかどうかは定かではない。また、混血種の飼育下繁殖は現在でも行われており、フランスの動物園で50頭ほど飼育されている[2]。
その後、原産地のモロッコのムハンマド5世の私的動物園で飼育されていた純血種の個体群が生き残っていた事が判明。2012年に首都ラバトに開園したラバト動物園にて、全世界で確認されている個体数の半数にあたる32頭が飼育されており、動物園開業直後に3頭誕生している。[3]

超最近やんか


251:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:57:17.73ID:XIwE0/0s
食物連鎖自体も自然の中では大した事ない
世を支配しとるのは菌やウイルスや。人間ですらこれなしには生きられんし、ちょっと本気出せば即人類くらいは絶滅させられる


257:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:57:37.55ID:o9Vo2SpL
クニマスだっけ
再発見ってパターンも意外とあるのな

293:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:00:49.29ID:HnB7Txm1
>>257
ガラパゴスゾウガメのある種類の最後の一体と言われたロンサム・ジョージ(孤独なジョージ)
が実は孤独じゃなかったっていうのが最近わかったとか


246:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:56:54.77ID:qgkfPreC
絶滅じゃないけどモンゴリアンデスワームはどうなんやろ
ほぼ確実にいるけど見つからないとか

263:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:58:08.68ID:bjGFMHxV
>>246
1メートル以上あるイモムシやろ
本当にいるんかあれ

272:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:59:01.53ID:GKPh7ScL
>>263
1メートル越える虫なんておるわけないやんけ


273:風吹けば名無し2013/09/23(月) 21:59:09.11ID:RBF5hvkb
>1887年に初めて標本が一体採集されたのみであり、それ以降一度も発見されていない。生態や習性についても、全く不明である。
>32年後の1919年にその標本を基に新種として記載された(黒田長礼による)。しかしその時も、そしてそれ以降もミヤコショウビンは発見されていない。

レアすぎィ!

285:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:00:19.10ID:o9Vo2SpL
>>273
おいおいポケモンの世界か

314:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:02:02.93ID:WS5ckpbl
>>273
新種ってか特別変異かなんかちゃうか?

375:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:05:33.34ID:Vy7/CPWE
>>314
一体しか確認されてない種ってボチボチあるんやけど
亜種とかであって種ではないとか言われてるのも多いで


283:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:00:12.82ID:XUI+ovtq
でも全部合わせても数十頭しかおらんような動物ってもう詰んでるよな


286:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:00:20.99ID:AKbdavx7
モンゴリアン・デス・ワーム(Mongolian Death Worm)はゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、巨大なミミズのような未確認動物(UMA)。その長さは最大で3.5mにも上ると言われている。
牛の腸に似ている事から、現地ではオルゴイコルコイ(腸虫の意味)とも呼ばれている。生き物を殺傷できる毒を持ち、火炎を吐いたり電撃を出すことも出来ると言われている。大変凶暴で現在までに数百人が犠牲になっているともいい、地元の人は恐れているという。
短い雨季の間によく姿を現すという。

うーんこの

337:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:03:42.77ID:iz6EhNBk
>>286
>生き物を殺傷できる毒を持ち
わかる

>火炎を吐いたり電撃を出すことも出来る
??????wwwwwwwWWWWWWW?????wwwwwWWWWwww

346:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:03:57.93ID:XKDUBCrw
>>286
ファンタジーやな

445:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:10:05.15ID:gm3f6ZVm
>>286
よく姿を現すのにUMAなのか
もうこれわかんねえな


290:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:00:29.83ID:YYU8g//I
虫の名前は結構適当やで
ニセクロホシテントウゴミムシダマシ
とか


307:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:01:40.91ID:ECd7/K+/
スチーフンイワサザインゴwwwwwwwwwwwwwwwwww

灯台が稼動し始めた1894年、飼い猫「ティブルス(Tibbles)」が捕まえてきた見慣れない鳥に興味を持った灯台守の一人
デイヴィッド・ライオール(David Lyall) がその鳥を鳥類学者のウォルター・ブラー(Walter Buller) に送ったことによってこの鳥が新種と確認されその存在が知られることになった。
猫は合計で15〜16羽ほどを捕まえてきたが、それを最後にスチーフンイワサザイの姿を見た者はおらず、学者による調査も行われたが結局見つからず、[1]猫1匹によって絶滅させられたものとされている。

320:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:02:26.14ID:SE6+GD6z
>>307
猫カスwwwwwwwwwwww

775:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:29:32.31ID:3rJlUFWG
>>307
やっぱワンコの方が有能だって、わかんだよね


309:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:01:47.55ID:jex8GH93
日本人は
トキに酷いことしたよね

323:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:02:33.74ID:IaHMKFBP
>>309
畑を荒らしてたトキカスさんサイドにも問題がある


321:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:02:26.46ID:tuq+bXgL
消えるべくして消える種もある、カカポとかしゃーないで
捕食種がほぼ居ない地域で安穏と暮らしてたせいで
・飛べなくなった
・卵を喰われる心配が無かったもんだから餌取りに行く為にしょっちゅう巣を離れる
・長寿の上に、安全で繁殖を急がなくていい環境下に置かれた為、性成熟するまで10年かかる
・10年間何やってるかって言ったら、延々遊び呆けてる

こんなん

423:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:08:42.36ID:FsfqvxTU
>>321
>メスは、競争しているオスの唸り声に引きつけられる。
そしてメス達も、なわばりからオス達のいる所まで数kmを歩く必要がある。
そこで、一羽のメスは一羽のオスの「庭」に入る。
オスは背中をメスに向けて、翼を広げて、メスの方へ後ろ向きに歩く。
メスの前では興奮しており、メス以外のものにも交尾をしようとする。


メス以外のものにも交尾をしようとする。

449:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:10:12.77ID:hObfp9C5
>>423
死んで当然ですわ

487:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:12:13.13ID:tuq+bXgL
>>423
同性愛の習性まであったのはさすがに知らんかった
論外や


336:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:03:38.67ID:U3ThvztM
でかすぎワロタ
そら食糧として乱獲されますわ
336_1

355:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:04:30.34ID:TgshZB3X
>>336
うまそう

369:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:05:22.95ID:nAVoiVUu
>>336
当時の船乗りって酷い食事内容やからね
こんなもん泳いでたらそら食いますわ

398:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:07:02.22ID:uj5b4r8y
>>336
殺すだけ殺して半分以上海から引き上げなかったんだなあ・・・


342:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:03:54.25ID:ScsZTa4D
海外で活躍している日本の侵略的外来種

1(右)スズキ(オーストラリア)  
2(二)クズ(北アメリカ)  
3(中)キンギョ(アメリカ)  
4(三)コイ(北アメリカ)  
5(一)タヌキ(ヨーロッパ)  
6(遊)ススキ(南北アメリカ)  
7(左)イタドリ(ヨーロッパ)  
8(捕)マヒトデ(オーストラリア)  
9(投)ワカメ(ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリア)  

353:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:04:25.02ID:BKsvh+Dg
>>342
すごC

399:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:07:15.76ID:ScsZTa4D
>>353
コイって異常に生命力が強い上になんでも食うから地域によってはイメージ悪いんや

【名詞】【可算名詞】
(《複数形》 carp,carps) 【魚】 コイ; コイ科の魚
《★【解説】 英米では泥の中にすむ汚い魚として必ずしもイメージはよくない
食用にもされるが,あまり上等な魚ではないとされる》

【動詞】 【自動詞】
〔…の〕あら捜しする,〔…を〕口やかましくとがめる 〔at〕
用例 You are always carping at my errors. 君はしょっちゅうぼくのあら捜しばかりしている
http://ejje.weblio.jp/content/carp

373:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:05:28.93ID:o9Vo2SpL
>>342
>1(右)スズキ

これやりたかっただけやろ

392:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:06:31.62ID:Q8WO3kX7
>>342
タヌキは日本じゃ逆にピンチやと聞くのに

401:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:07:22.46ID:e/WtB/zc
>>342
ワカメ食べればええやん
栄養あるし美味しい

407:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:08:01.24ID:tuq+bXgL
>>401
ワカメを消化できる人種は非常に少ないらしい

706:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:24:28.73ID:R1PPUIhN
>>407
腸の微生物で分解してるらしい
日本人でも2割くらいはアカンかった気が


350:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:04:11.97ID:/7TCmz+p
環境に適応できない種は絶滅して当然


395:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:06:44.53ID:ppx/keic
http://ja.wikipedia.org/wiki/絶滅した動物一覧#.E5.86.8D.E7.99.BA.E8.A6.8B.E3.81.95.E3.82.8C.E3.81.9F.E3.82.82.E3.81.AE
wikipediaの一覧見てるけど「再発見されたもの」最近のばっかやん

465:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:10:54.29ID:m2XHvkT+
モアより大きいエピオルニスが17世紀まで生息していたというロマン

465_1

490:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:12:27.29ID:J/5UysaV
>>465
やっぱデカイ生物ってロマンあるなぁ
未だに地底湖やら湖のネッシーだかヨッシーにウキウキする

514:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:13:33.35ID:E/e2LnpT
>>465
ドードー意外とでかくてワロタ

524:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:14:18.53ID:e/WtB/zc
>>465
ドラえもんでこいつら現代につれてきて無人島に放す話あったけどタイムパトロールなにしてたんやろ


432:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:09:14.16ID:3rJlUFWG
サイが絶滅しかけてると聞いてなんかショックだった
あんなに恵体で速くてデカく鋭い角が付いてて強いのに

481:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:11:41.70ID:YyxDwDHC
>>432
大型哺乳類の時代は過ぎ去ったんや
象もサイもクジラも人の手が無くても正直言って先細りしか無いで


483:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:11:46.00ID:Q8WO3kX7
493:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:12:35.50ID:xsrnT15s
>>483
希少なのはファンだけじゃないのか(困惑)

508:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:13:02.87ID:o9Vo2SpL
>>483
かっこE
こいつをマスコットにせーよ

541:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:15:18.80ID:OYGQR5Ln
>>483
>1,500頭
大体球場に来てる数と一致するな


509:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:13:10.06ID:ScsZTa4D
今の時代に大型生物が少ない理由としては人間の存在も大きいらしい


516:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:13:40.57ID:4bk7Q1SN
ニホンオオカミを駆逐した結果イノシシとシカが大量発生したので
外国からオオカミ種を導入したいとかいう話を聞いたときの大草原感

なぜ日本人はマングースから学習しないのか

528:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:14:28.23ID:Pc9xcoED
>>516
海外でもよく同じ事やってるで(小声)

606:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:19:01.40ID:ppx/keic
>>516
ニホンオオカミ
606_1

ハイイロオオカミ(タイリクオオカミ)
606_2

アホですわ

617:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:19:46.58ID:qgkfPreC
>>606
四国犬の方がニホンオオカミに似てるんだよなあ…

622:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:20:02.82ID:E/e2LnpT
>>606
別モンやないか(呆れ)


520:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:13:54.28ID:MC8tlIYV
欧米人というかクリスチャンやな
自然は人にコントロールされると思っとるから好き放題やっとる
この開拓精神あっての繁栄やろうけどな

578:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:17:16.69ID:J/5UysaV
>>520
欧米で1000年近くかけた消費と繁栄を
アジアや南米が一気に100年足らずで後追いする地球
もう(未来が)ないじゃん

763:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:28:34.93ID:2ahH2iFt
>>578
差がついたのは産業革命以降だからせいぜい200年やろ


548:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:15:33.41ID:ScsZTa4D
ニュースとか見てると在来種は外来種に負けまくるイメージあるけど実際のところ強力な外来種が目立ってるだけで在来種によって駆逐されてしまう外来種はたいした問題にならないだけなんやろな

620:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:19:52.26ID:FvNo2P1z
>>548
コイとワカメは最強レベルやで


581:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:17:25.63ID:MxvfQ3QG
まぁ白人は人間すら滅ぼしたしね


583:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:17:37.33ID:hWxbt7yV
動物じゃないけど天然痘も人類が対抗手段を手に入れてからあっという間に全滅させられてた
今となっては実験室のフラスコの中にわずかに生き残っているのみ


642:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:21:25.83ID:W2mX3gJy
トキとかいうクッソ臆病な鳥www

取材にきたヘリの爆音で最後の営巣地からいなくなった模様


660:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:22:07.63ID:nIUIkJMx
こういう例って民族でもあるんかな?

686:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:23:03.97ID:qgkfPreC
>>660
人種の消滅はほぼ白人がらみやで
タスマニア人とかネアンデルタール人とか


713:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:25:02.82ID:4+Zic+A3
トキは中国産のを近親配合で増やしてまでやらんでもええと思うわ

725:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:25:59.13ID:eKYOQ+HZ
>>713
でも遺伝子的には変わらんのやろ
鳥類にどこ産ってのもあほらしいと思うわ


736:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:26:33.90ID:ScsZTa4D
755:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:28:14.73ID:tuq+bXgL
>>736
ナイルパーチのおかげで餓えずに済んでる人間がおるわけやし、難しいところやな
同じことはティラピアにも言える


762:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:28:33.37ID:uA+YYtYe
大発生して作物食うイナゴとか伝染病媒介する蚊とかには対抗策のない人類

777:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:29:51.16ID:4bk7Q1SN
>>762
昆虫は進化のサイクルが早すぎて現在の人類の技術を費やしても絶滅に追い込むのが難しい

820:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:33:20.26ID:eOCsuLoY
>>777
ゴキブリが絶滅しないから説得力あるわ

829:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:34:21.03ID:a0dYiv5M
>>777
ウリミバエの例みたいに(対象の生態にもよるけど)技術的には可能
蚊も現在試験中らしい


780:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:30:08.28ID:ScsZTa4D
792:風吹けば名無し2013/09/23(月) 22:31:22.74ID:XUI+ovtq
>>780
馴染み深いぐらい浸透してるってことなんやろうな
にしてもアルゼンチンアリってこえーな


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1379939696/l50
スポンサード リンク
おすすめサイトの最新記事